top of page

【レシピ選】子供のバースデーを盛り上げる美味しい料理

更新日:2 日前


【レシピ選】子供のバースデーを盛り上げる美味しい料理


 

子供のバースデーを盛り上げる美味しい料理


子供たちの笑顔があふれるバースデーパーティーには、年齢に合わせた料理が欠かせません。まずは、年齢別の傾向をご紹介します。


乳幼児(0-3歳)

この年齢の子供たちは、柔らかくて簡単に食べられる料理が適しています。例えば、小さく切ったフルーツや野菜、マッシュポテト、小さなサンドイッチなどが良いでしょう。色と形で楽しませることも大切です。


乳幼児(0-3歳)

幼児(4-6歳)

幼児は手づかみで食べられるものや、カラフルで楽しい形の料理に興味を持ちます。ピーチマフィンや餃子の皮グラタン、カラフルなおにぎりなど、見た目も楽しい料理を提供しましょう。


幼児(4-6歳)

学童(7-12歳)

学童期の子供たちは、少し複雑な味も楽しめるようになります。チキントマトカレーや、ミニバーガー、スティック野菜とディップなど、少し大人びたメニューを取り入れてみてはいかがでしょうか。


学童(7-12歳)

ティーンエイジャー(13-18歳)

ティーンエイジャーは、大人と同じような料理を楽しむことができます。流行を取り入れたメニュー、例えば、アヒージョやブルスケッタ、カナッペなど、少し洗練された料理を提供することで、パーティーを盛り上げることができます。

以下のレシピは、高学齢の子供たちが大人として扱われていることを感じさせるのに十分な洗練された味わいを持っています。お試しください!


ティーンエイジャー(13-18歳)

 


【レシピ選】


ローズマリー風味のローストチキン

ローズマリー風味のローストチキン

材料(2人分)

  • 鶏もも肉: 2枚

  • ローズマリー(新鮮またはドライ): 2枝

  • オリーブオイル: 大さじ3

  • 塩: 小さじ1

  • 黒こしょう: 少々

  • にんにく: 2片

  • レモン: 1個

  • 白ワイン: 50ml

  • はちみつ: 大さじ1


作り方

  1. 鶏もも肉は余分な脂を取り除き、フォークで数カ所穴を開けます。

  2. ローズマリー、細かく刻んだにんにく、塩、黒こしょう、オリーブオイルを混ぜ合わせたマリネ液で鶏肉をよく揉み込みます。

  3. レモンを半分に切り、片方は薄切りにして鶏肉の上に散らし、もう片方は絞ってマリネ液に加えます。

  4. マリネ液に白ワインとはちみつを加え、鶏肉を冷蔵庫で最低30分以上漬け込みます。

  5. オーブンを200度に予熱し、鶏肉をオーブン皿に移し、上にレモンの薄切りをのせます。

  6. 予熱したオーブンで約30分、皮がパリッとするまで焼きます。途中で鶏肉にマリネ液を何度か塗りながら焼くとより風味が増します。

ポイントは、マリネ液にしっかりと味を染み込ませることと、オーブンで焼く際には皮目を上にしてパリッとさせることです。レモンの爽やかな酸味とローズマリーの香りが食欲をそそります。


チーズハンバーグ

チーズハンバーグ

材料(2人分)

  • 合い挽き肉: 250g

  • 玉ねぎ: 1/2個

  • 卵: 1個

  • スライスチーズ: 1枚

  • とろけるチーズ: 10g

  • パン粉: 大さじ3杯

  • 牛乳: 大さじ1杯

  • バター(有塩): 10g

  • 味付塩こしょう: 適量

  • ハンバーグソース

  • ケチャップ: 大さじ2杯

  • 中濃ソース: 大さじ2杯

  • バター(有塩): 10g


作り方

  1. 玉ねぎは細かくみじん切りにします。大きいと、肉だねのすき間からチーズが流れ出てしまうので注意してください。

  2. とろけるチーズをスライスチーズで包み、冷蔵庫で冷やしておきます。

  3. 合い挽き肉、みじん切りにした玉ねぎ、卵、パン粉、牛乳、塩こしょうを混ぜ合わせて肉だねを作ります。

  4. チーズ玉を肉だねで包み、表面をしっかりと焼きます。これにより、チーズが溶け出すのを防ぎます。

  5. フライパンに残った肉汁を利用して、ケチャップ、中濃ソース、バターでハンバーグソースを作ります。

  6. ハンバーグを蒸し焼きにするとき、水に顆粒コンソメを加えると旨みがアップします。

ポイントは、チーズ玉をしっかり冷やしておくことと、肉だねの表面をしっかり焼くことです。これにより、チーズが中からとろ~りと溶け出す美味しいハンバーグが完成します。



エビマヨ

エビマヨ

材料(2人分)

  • むきエビ(中サイズ): 12尾

  • 片栗粉: 適量

  • サラダ油: 適量

  • マヨネーズ: 大さじ3

  • 砂糖: 小さじ1

  • 酢: 小さじ1

  • 醤油: 小さじ1/2

  • レモン汁: 小さじ1/2

  • 塩: 少々

  • 黒こしょう: 少々


作り方

  1. エビは塩、黒こしょうで下味をつけ、片栗粉をまぶしておきます。

  2. フライパンにサラダ油を熱し、エビを中火でカリッとするまで揚げ焼きにします。

  3. 別のボウルでマヨネーズ、砂糖、酢、醤油、レモン汁を混ぜ合わせ、エビマヨソースを作ります。

  4. 揚げたエビが温かいうちにソースと絡め、均等にコーティングします。

ポイントは、エビにしっかりと下味をつけ、片栗粉をまぶしてから揚げることで、外はカリッと中はジューシーな食感になります。また、ソースは甘酸っぱくてコクのある味わいがポイントです。エビとソースが絡み合うことで、一層美味しさが引き立ちます。



サーモンとアボカドのタルタル

サーモンとアボカドのタルタル

材料(2人分)

  • サーモン(刺身用): 150g

  • アボカド: 1個

  • 玉ねぎ: 1/4個

  • オリーブオイル: 大さじ1

  • レモン汁: 小さじ1

  • 塩: 少々

  • 黒こしょう: 少々

  • ディル(あれば): 適量

  • ケーパー(あれば): 小さじ1


作り方

  1. サーモンは5mm角に切り、アボカドは種と皮を取り除いた後、同じくらいの大きさにカットします。

  2. 玉ねぎはみじん切りにし、水にさらして辛みを取り除きます。

  3. ボウルにサーモン、アボカド、玉ねぎ、オリーブオイル、レモン汁、塩、黒こしょうを入れて優しく混ぜ合わせます。

  4. ディルとケーパーがあれば、みじん切りにして加えます。

  5. 盛り付ける際は、セルクル型を使って形を整えると見栄えが良くなります。

ポイントは、サーモンとアボカドを均等な大きさに切ることで、食感のバランスが良くなります。また、レモン汁の酸味とオリーブオイルのまろやかさが、素材の味を引き立てます。



カプレーゼサラダ

カプレーゼサラダ

材料(2人分)

  • トマト(中): 2個

  • モッツァレラチーズ: 100g

  • フレッシュバジル: 10枚

  • エクストラバージンオリーブオイル: 大さじ2

  • 塩: 小さじ1/4

  • 黒こしょう: 少々

作り方

  1. トマトは8mm程度の厚さの半月切りにします。モッツァレラチーズも同じ厚さにスライスします。

  2. バジルの葉は手でちぎります。この時、包丁を使わず手でちぎることで、バジルの香りがより引き立ちます。

  3. 盛り付ける際は、トマト、モッツァレラチーズ、バジルを交互になるように重ねていきます。

  4. 最後に塩、黒こしょうを振り、エクストラバージンオリーブオイルを全体に回しかけます。

ポイントは、トマトとモッツァレラチーズを同じ厚さに切ることで、見た目が美しく、食べた時の口当たりも良くなります。また、食べる直前に塩を振ることで、トマトから水分が出すぎず、サラダが水っぽくなるのを防ぎます。


 

【デザートレシピ選】舌鼓を打つケーキとお菓子


フィンランドのシナモンロール

フィンランドのシナモンロール

材料(10個分)

  • 強力粉: 200g

  • 薄力粉: 100g

  • 無塩バター: 30g(生地用)+ 15g(フィリング用)

  • 牛乳: 160g

  • 卵: 1個(40g)

  • 砂糖: 20g

  • 塩: 4g

  • インスタントドライイースト: 5g

  • カルダモンパウダー: 適量(5振り程度)

  • シナモンパウダー: 適量

  • ざらめ(トッピング用): 適量

作り方

  1. 生地用の無塩バターを小鍋で溶かし、牛乳を加えて温めます。

  2. ボウルに強力粉、薄力粉、砂糖、塩、ドライイースト、カルダモンパウダーを入れて混ぜ合わせます。

  3. 温めた牛乳とバターの混合液、卵を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜ、台に出して10分ほどこねます。

  4. 生地がなめらかになったら丸めてボウルに戻し、乾燥しないようにぬれ布巾をかけて一次発酵させます(約45分〜1時間)。

  5. 生地が2倍に膨らんだら、一次発酵終了です。生地を台に出し、20×50cmに伸ばします。

  6. フィリング用のバターを塗り、砂糖とシナモンパウダーを全体に散らします。

  7. 生地を手前から巻いていき、とじ目をしっかり閉じます。

  8. 台形になるように10等分に切り分け、狭い部分が上になるようにして、指や菜箸で中心を押さえつけます。

  9. オーブンシートを敷いた天板に並べ、二次発酵させます(40℃で20分間)。

  10. 二次発酵後、卵を塗り、ざらめを散らし、190℃のオーブンで10分間焼きます。

ポイントは、カルダモンとシナモンのスパイスを効かせることで、フィンランド風の香り豊かなシナモンロールに仕上がります。また、生地をしっかりとこねることで、ふわふわの食感を楽しめます。

カフェ風キャロットケーキ

カフェ風キャロットケーキ

材料(18×18cmのスクエア型1台分)

  • 薄力粉: 230g

  • ニンジン: 250g

  • くるみ: 40g

  • ベーキングパウダー: 小さじ1

  • 重曹: 小さじ1/2

  • シナモンパウダー: 小さじ1

  • ナツメグ: 小さじ1/3

  • 卵: 3個

  • きび砂糖(またはブラウンシュガー): 100g

  • ピュアオリーブオイル: 120g

  • レーズン: 30g

チーズフロスティング

  • クリームチーズ: 200g

  • 粉砂糖: 40g

  • レモン汁: 大さじ1

作り方

  1. 薄力粉をふるいにかけてボウルに入れます。

  2. ニンジンは皮をむいて50gは千切りに、残りはすりおろします。

  3. くるみはオーブンで10分焼いてから粗みじん切りにします。

  4. ボウルにベーキングパウダー、重曹、シナモン、ナツメグを加えて混ぜます。

  5. 別のボウルで卵ときび砂糖を混ぜ、すりおろしたニンジンとオリーブオイルを加えてさらに混ぜます。

  6. 粉類を加えてゴムベラで切るように混ぜ、千切りニンジン、レーズン、くるみを加えます。

  7. 生地を型に流し入れ、180℃に予熱したオーブンで30分焼きます。

  8. チーズフロスティングを作ります。クリームチーズを柔らかくして粉砂糖、レモン汁を加えて混ぜます。

  9. ケーキが冷めたら、フロスティングを塗ります。

ポイントは、ニンジンを千切りとすりおろしの両方を使うことで、食感としっとり感を出すことです。また、スパイスを組み合わせることで香り豊かな生地になります。フロスティングは滑らかに仕上げることで、ケーキの味わいを引き立てます。


チャイティーシフォンケーキ

チャイティーシフォンケーキ

材料(17cmシフォンケーキ型1つ分)

  • 卵: 4個

  • 薄力粉: 90g

  • 紅茶のティーバッグ: 2つ

  • シナモンパウダー: 小さじ1

  • カルダモンパウダー: 小さじ1/2

  • クローブパウダー: 小さじ1/4

  • 砂糖: 100g(卵黄用50g、メレンゲ用50g)

  • サラダ油: 30ml

  • 牛乳: 100ml


作り方

  1. 紅茶のティーバッグの中身を牛乳に入れ、弱火で温めて紅茶の香りを移します。冷ましておきます。

  2. 卵を卵黄と卵白に分けます。卵黄に砂糖50gを加えて白っぽくなるまで混ぜ、サラダ油、紅茶牛乳を加えてさらに混ぜます。

  3. 薄力粉、シナモン、カルダモン、クローブをふるい入れ、滑らかになるまで混ぜます。

  4. 卵白に残りの砂糖50gを少しずつ加えながら、ハンドミキサーでしっかりとしたメレンゲを作ります。

  5. メレンゲを3回に分けて卵黄生地に混ぜ込みます。生地を型に流し入れます。

  6. 170℃に予熱したオーブンで40分焼きます。焼き上がったら型ごと逆さまにして冷まします。

  7. 冷めたら型から外して、お好みで粉糖をふりかけて完成です。

ポイントは、紅茶の香りをしっかりと牛乳に移すことと、メレンゲをしっかりと作ることです。これにより、チャイの香りが豊かでふわふわのシフォンケーキが完成します。




参考記事




 


 

​グランアニバーサリーについては、こちらをお読みください



グランアニバーサリーは、

いつもの記念日を、自宅で、華やかに彩るための

パーティキットレンタルサービスです。




閲覧数:10回0件のコメント

Kommentare


bottom of page