top of page

インスタ映えするホームパーティーらしい盛り付け方

更新日:11 時間前


インスタ映えするホームパーティーらしい盛り付け方

目次

  • はじめに:ホームパーティーで「美記憶」を作る重要性

  • インスタ映えする盛り付けの基本

  • プロの盛り付けを自宅で再現するノウハウ

  • デパ地下総菜等を使った手軽な盛り付けアイデア

  • ホームパーティーを彩る特別な盛り付け

  • 家族の笑顔、子どもが喜ぶ盛り付けのコツ

  • グランアニバーサリー流おしゃれなホームパーティー

  • インスタ映えする写真の撮り方

  • まとめ:ホームパーティーで「美記憶」を残す盛り付け方


まとめ:ホームパーティーで「美記憶」を残す盛り付け方


はじめに:ホームパーティーの盛り付けで「美記憶」を作る


ホームパーティーは、私たちの人生において特別な時間であり、特別な場です。それは気忙しい日常から離れ、親しい人々との絆を深める機会を作り出します。

そんなホームパーティーにおいて印象に残る要素の一つが、食事の盛り付け方です。美しい盛り付けは、ただ食事を楽しむだけでなく、その瞬間を「美記憶」として心に刻む力を持っています。


ホームパーティーでの食事の盛り付けと「家族の笑顔」


家族の笑顔は、ホームパーティーの醍醐味です。子どもから大人まで、誰もが料理の美しさに目を輝かせ、会話が弾むことでしょう。盛り付け一つで、食卓は華やかな舞台に変わり、家族の絆はさらに強まります。


このようにホームパーティーでの盛り付けは、単なる食事の準備を超えた、大切な役割を果たすことができるのです。



インスタ映えする盛り付けの基本

インスタ映えする盛り付けの基本


盛り付けの基本的な考え方とポイント


  • プレートの選び方:白いプレートは料理を引き立てる効果があります。また、特定の料理に合った形状のプレートを選ぶことで、盛り付けがより美しく見えます。

  • カラフルな野菜やフルーツ:赤、黄、緑などの鮮やかな色の野菜やフルーツを使って、そのカラーを活かした料理で彩り豊かにしましょう。

  • バランスと対称性:料理を盛り付ける際には、バランスと対称性を考慮しましょう。食材や色を均等に配置することで、見た目に調和を生み出します。

  • 食材の重ね方:食材を重ねる際に高低差をつけると、立体感が生まれます。例えば、ソースを少し傾けてかけるなどの工夫があります。


色と形で魅せる盛り付けのテクニック


  • 色のコントラストを利用する:鮮やかな色合いは食欲を刺激します。異なる色の食材を組み合わせて、食卓を彩り豊かにしましょう。また 対照的な色の食材を組み合わせることで、料理が目を引くようになります。例えば、緑の野菜に赤いトマトを加えると、色のコントラストが生まれます。


  • 食材の切り方:食材の形状を工夫することで、見た目にアクセントをつけましょう。例えば、野菜をを花びら状に切ったり、フルーツをスライスして重ねたりすることで、料理が一層美しくなります。ほかにもサイコロ状、ジュリエンヌなどに切り分けることで、バラエティを出せます。

アクセントを加える小物の選び方


  • ハーブやスプラウト:パセリ、バジル、ミントなどのハーブは、料理に彩りを添えるだけでなく、香りも楽しめます。

  • シーズニングやスパイス:シーズニングやスパイスを少量トッピングすることで、料理に味わい深さを与えます。例えば、パプリカパウダーや黒胡椒を振りかけると、色と風味が引き立ちます。


プロの盛り付けを自宅で再現するノウハウ

プロの盛り付けを自宅で再現するノウハウ


プロの料理人が行う盛り付けは、見た目の美しさだけでなく、食材の味わいを最大限に引き出すための工夫が凝らされています。

自宅でこれらのテクニックを再現することで、ホームパーティーの食卓を一層豪華に演出することができます。


基本から学ぶプロ級の盛り付け方


  • プレートの中心を意識する:プレートの中心にメインの食材を配置し、周りをガーニッシュやサイドディッシュで飾ります。これにより、視覚的なバランスが取れ、料理が引き立ちます。

  • 高さを出す:料理に高さを出すことで、立体感と豪華さを演出します。例えば、野菜や肉を積み重ねることで、シンプルな料理も華やかに見せることができます。

  • ソースの使い方:ソースはドリップやスワイプなど、様々な方法でプレートにアートを描くように盛り付けます。これにより、料理に動きと美しさを加えることができます。

旬を意識し、形状を考えた食材の選び方


  • 季節感を大切にする:季節の食材を使うことで、新鮮さと季節感を表現します。旬の食材は色鮮やかで、自然と盛り付けが映えるようになります。

  • 食材の形状を活かす:食材の自然な形状や質感を活かすことで、料理に深みと興味を与えます。例えば、カリフラワーの花束のような形状や、きのこの独特な質感を生かした盛り付けが可能です。

これらのノウハウを活用して、自宅でプロのような盛り付けを楽しんでみてください。




デパ地下総菜等を使った手軽な盛り付けアイデア


デパ地下総菜等を使った手軽な盛り付けアイデア


デパ地下で購入した総菜は、そのままでも十分美味しいですが、少しの工夫でさらに特別なものに変わります。プロのような見栄えを手軽に実現するためのアイデアをご紹介します。


  • デリカテッセンの活用:高品質なデリカテッセンの商品を利用することで、手間をかけずにプロの味を再現できます。美しく盛り付けられたサラダや前菜をそのままプレートに移し、自分なりのアレンジを加えましょう。

  • 冷凍食品の選択:見た目にも美しい冷凍食品は、忙しい時の強い味方です。オーブンで温めるだけで、手軽にプロのような一品が完成します。

デパ地下の美味しい料理を引き立てる盛り付けテクニック

  • 異なるテクスチャーの組み合わせ:クリスピーな食感のアイテムを加えることで、料理に深みを与えます。例えば、サラダにクルトンを加えたり、メインディッシュにサクサクした天ぷらを添えたりします。

  • 色のバランス:デパ地下総菜は既に色彩が考えられていますが、追加の野菜やハーブで色のバランスを整えると、より一層美しい盛り付けになります。

  • プレートのエッジを活用:プレートの端にソースを流し込むことで、洗練された印象を与えます。また、ソースを点々と落として、つなげることでアートのようなデザインを作り出せます。

忙しい日でもできる簡単デコレーション

  • ガーニッシュの追加:フレッシュなハーブや食用花を添えることで、簡単に料理をグレードアップできます。見た目の美しさだけでなく、香りも楽しめるようになります。

  • エディブルフラワー:食べられる花を使って、瞬時に料理を華やかにすることができます。色鮮やかなエディブルフラワーは、どんな料理にも春の息吹を与えます。

  • ドライフルーツとナッツ:ドライフルーツやナッツは、色と食感のアクセントになります。デザートやサラダに散りばめることで、簡単に豪華さを演出できます。



家族の笑顔、子どもが喜ぶ盛り付けのコツ

家族の笑顔、子どもが喜ぶ盛り付けのコツ


ホームパーティーは家族全員が楽しめるべきだと考えます。特に子どもたちが喜ぶ盛り付けは、パーティーの雰囲気を明るくし、家族の笑顔を引き出します。

ここでは、子どもたちが喜ぶ盛り付けのコツをご紹介します。


子どもたちにとって安全で楽しい食器の選び方

  • カラフルで割れにくい食器:子どもたちが使う食器は、カラフルで目を引くものを選びましょう。また、割れにくい素材であるメラミン製やプラスチック製の食器が安全です。

  • テーマに合わせた食器:パーティーのテーマや子どもたちの好きなキャラクターが描かれた食器を使うと、食事の時間がより楽しいものになります。

子どもが喜ぶキャラクター盛り付け

  • キャラクターおにぎり:子どもたちの好きなキャラクターをおにぎりで再現しましょう。海苔やチーズを使って顔を作ると、食べるのがもったいないほど可愛らしいです。

  • 野菜のアニマルカット:野菜を動物の形に切り抜くことで、子どもたちは野菜を食べることに興味を持ちます。カラフルな野菜で作ると、見た目にも楽しいです。


子どもが喜ぶカラフルなデザートの盛り付け

  • フルーツカップ:カラフルなフルーツをカップに盛り付けて、見た目にも鮮やかなデザートを作りましょう。子どもたちは、色とりどりのフルーツを楽しみながら食べることができます。

  • デコレーションカップケーキ:子どもたちが自分でデコレーションできるカップケーキは、パーティーの楽しいアクティビティになります。アイシングやトッピングを用意して、子どもたちの創造力を刺激しましょう。

  • スマッシュケーキ:子どもの初めての誕生日には、スマッシュケーキが大流行しています。これは、子どもが自由にケーキを「スマッシュ」して楽しむための小さなケーキです。カラフルなアイシングや食用色素を使って、子どもが手で触れても安全なケーキを作りましょう。写真撮影にも最適で、家族の美しい思い出を作ることができます。

これらの盛り付けのコツを活用して、子どもたちにも大人にも喜ばれるホームパーティーを実現しましょう。




グランアニバーサリー流のおしゃれなホームパーティー

グランアニバーサリー流のおしゃれなホームパーティー


グランアニバーサリーは、家族の大切な節目を祝う特別な日を演出します。さぁ、ご家族の記憶に残る食卓を演出しましょう。


「美記憶」を彩るメインディッシュのアレンジ盛り付け

  • センターピースとして輝くメインディッシュ:メインディッシュをテーブルの中心に置き、周囲を季節の花やキャンドルで飾ります。これにより、食卓全体が華やかになります。

  • 層になった盛り付け:メインディッシュを層にして盛り付けることで、高級感とボリューム感を出します。例えば、肉料理の下にはマッシュポテトを敷き、上には野菜を飾ります。

家族の絆を深めるシェアプレートの工夫

  • 大皿での盛り付け:一つの大皿に料理を盛り付けて、家族みんなでシェアするスタイルは、コミュニケーションを促進します。子どもたちも自分で取り分ける楽しさを覚えます。

  • ファミリースタイルのサービング:大皿に料理を盛り付け、家族みんなで取り分けるスタイルは、絆を深める素晴らしい方法です。会話も弾みます。

  • インタラクティブな食事や盛り付け:タコスやピザ、手巻き寿司など、自分でトッピングを選べる料理は、子どもたちにとっても楽しい体験です。彼らが自分の好きなように料理をカスタマイズしてあげましょう。 またインタラクティブな盛り付けとして、料理の一部を自分で仕上げる楽しみを提供するのも良案です。例えば、サラダにドレッシングをかけたり、デザートにトッピングを加えたりすることで、食事が一層楽しいものになります。



テーブルサイドサービスの魅力


テーブルサイドサービスの魅力

高級レストランで提供されるテーブルサイドサービスのアイデア取り入れることで、グランアニバーサリーをより華やかで記憶に残るものにしましょう。


  • カービングサービス:肉料理をテーブルサイドでカットするカービングサービスは、ゲストにとって楽しい見世物です。専門のスタッフが、目の前で豪快に肉を切り分ける様子は、食事の時間を一層特別なものにします。

  • フランベ:フランベは、料理に劇的な演出を加えるテーブルサイドサービスです。炎と共に香りが立ち上がる様子は、視覚と嗅覚を刺激し、料理の味わいを引き立てます。

  • スモーク:スモークドームを使ったサービスは、料理に燻製の風味を加えるだけでなく、開けた瞬間に広がる煙が神秘的な雰囲気を作り出します。

  • グラティネ:オーブンで焼き上げるグラティネは、チーズの香ばしい香りとともに、料理の豊かな味わいを引き立てます。

ライブキッチンのコンセプト

  • ライブキッチン:シェフが目の前で料理を作るライブキッチンは、食事をエンターテインメントに変えます。ゲストは、料理の調理過程を間近で見ることができ、シェフとの対話を楽しむことができます。



インスタ映えする写真の撮り方

インスタ映えする写真の撮り方


ホームパーティーの写真はSNSで人気のジャンルです。特にインスタグラムでは、美しいパーティー写真が多くの「いいね!」を集めています。

ここでは、スマートフォンを使って、食べ物の写真をインスタ映えさせるための撮影テクニックをご紹介します。これらのコツを活用して、あなたのフィードを魅力的に彩りましょう!



照明と角度で変わる盛り付けの見栄え

照明と角度で変わる盛り付けの見栄え

  1. 日中に撮影する

  • 自然光を使って撮影するのが理想です。自然光だと、食べ物がより鮮やかに写ります。太陽の光が入る場所でナチュラルな写真を撮りましょう。太陽の効果 で可愛らしい写真を撮ることができます。室内で撮影する際は、窓際など光が多く入る場所に移動してみましょう。

  • 窓際で撮る:窓際で撮影すると、自然光が料理に柔らかい影を作ります。窓際のテーブルを選んで撮影してみてください。

  • ストロボを使う:夜間撮影になる場合はストロボを効果的に使いましょう。明るく立体感のある写真を撮影できます。

  1. アングルを見極める:

  • 真上から撮る (俯瞰): 食事やデザートを撮影するときに、真上から撮影すると余計な背景や人が映らず、綺麗な写真が撮れます。特に食べ物を撮影するときには、真上から撮影することでインスタ映えが狙える構図になります。

  • 少し斜めから撮る: 斜めからの撮影は奥行きや立体感を表現できます。厚みのある商品や物を多く置いて賑やかな写真を撮りたい場合におすすめです。

  • 余白を意識する:食べ物を撮る際、周囲に余白を持たせることで、料理が引き立ちます。過密な構図を避けて、シンプルに撮影しましょう。

  1.  三角形を意識してうつわを配置

  • 料理の盛り付けには三角形の構図を意識しましょう。例えば、3つの具材を三角形に配置するとバランスが良くなります。

  1. 背景を選ぶ

  • 白背景: 商品の色味がはっきりするため、商品自体が映える写真を撮ることができます。明るさと清潔感を表現したい場合にもおすすめです。

  • 大理石: ホテルのような高級感を演出できます。100円ショップで売っている大理石柄の背景紙やシートを使えば十分洗練された置き画を撮影できるでしょう。

  • 丸テーブルで撮影する:丸テーブルを使って、料理を中心に配置すると、バランスが取りやすくなります。周囲の景色も取り入れてみてください。

  1. 手を添えて撮影する

  • 手で料理を持ち上げて撮影すると、立体感が出て美味しそうに見えます。手持ちスイーツやアイスクリームなどに試してみてください。

  1. ポートレートモードを使って背景をぼかす

  • スマホのカメラで「ポートレート」モードを選んで焦点を絞り、背景をぼかすと、料理を引き立てる効果が得られます。ぜひプロのぼかしのテクニックを盗んで、美味しそうに撮影してみてください

SNSでシェアするための写真加工のコツ

  • 彩度を調整する: 料理などの色味を際立たせたい被写体は、撮影後の調整が重要です。彩度を上手く調整することで、被写体をより魅力的に写せます。

  • 色数を絞る: 3色程度に色味を抑えるようにすると、統一感があるおしゃれな写真に仕上がります。背景を白にして主役の色を2色に抑えるのも効果的です。



まとめ:ホームパーティーで「美記憶」を残す盛り付け方


まとめ:ホームパーティーで「美記憶」を残す盛り付け方


ホームパーティーは、家族や友人との貴重な時間を共有する機会です。美しい盛り付けは、その瞬間を特別なものにし、心に残る「美記憶」を作り出します。ここでは、ホームパーティーでの盛り付けの重要性と、記憶に残る盛り付けテクニックをまとめてご紹介します。


ホームパーティーでの盛り付けの重要性

  • 視覚の喜び:美しい盛り付けは、食事の味わいを予感させ、視覚を通じて喜びを提供します。

  • テーマの表現:盛り付けは、パーティーのテーマや季節感を表現する手段です。料理を通じてストーリーを語りましょう。

盛り付けで作る特別な瞬間

  • 共有の楽しみ:共有プレートやファミリースタイルの盛り付けは、参加者全員で楽しむ瞬間を作ります。

  • インタラクティブな体験:ゲストが自分で盛り付けを楽しめるようなインタラクティブな要素を取り入れることで、参加者の記憶に残ります。

「美記憶」を残すための盛り付けテクニック

  • 色と形のバランス:色鮮やかな食材をバランス良く配置し、形で遊び心を加えます。

  • 高低差と動き:料理に高低差をつけることで立体感を出し、ソースの流れで動きを演出します。

  • アクセントの小物:エディブルフラワーやハーブで飾り付けをし、目を引くアクセントを加えます。

これらの盛り付けのコツを活用して、次回のホームパーティーを彩り、ゲストにとって忘れられない「美記憶」を作り出しましょう。



 

グランアニバーサリー・オンライン相談


誕生日・記念日について、なんでもご相談に応じます!

グランアニバーサリーの「記念日お悩み相談無料サービス」をご利用ください。1回・1時間程度で、お悩み相談でも、企画のご支援でもなんでも構いません。

グランアニバーサリー・オンライン相談

*ただいま、ご相談者の中から先着10名様をグランアニバーサリー無料モニターにご招待しています。



閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page